バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る
「バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)など」トップ >  バラ(薔薇)の花言葉… > バラ(薔薇)の花言葉(1)は一般的には「恋」と「愛」…

バラ(薔薇)の花言葉(1)は一般的には「恋」と「愛」…


それぞれの花にはその花の「花言葉」というものがありますね。
例えば朝顔には「愛着」、ひまわりには「光輝」などの花言葉がありますが、女性に贈る花として一番人気があるバラ(薔薇)には、どんな花言葉があるのでしょう。

一般的に知られているバラ(薔薇)の花言葉は、「恋」や「愛」です。
好きな女性に贈る花としてはぴったりな花ですが、花の色によっても花言葉に違いがあります。

●バラ(薔薇)と言えば、赤ですよね。赤いバラ(薔薇)の花言葉は「美しさの象徴」「情熱的」などです。

●清楚なイメージの白いバラ(薔薇)は「心からの尊敬」「純潔」。

●愛らしいイメージのピンクのバラ(薔薇)は「温かい心」「上品」「美しい少女」、また「病気の回復」という言葉もあります。

●黄色のバラ(薔薇)は、「献身」「友情」という花言葉の他に、「別れよう」「嫉妬」「不貞」などとマイナスの意味を表す言葉もあります。

また花の色の組み合わせによっても花言葉に違いがでてくるのをご存知ですか?

●赤いバラ(薔薇)の中に白いバラ(薔薇)を添えた場合、「和合」や「温かい心」という花言葉になります。

●黄色のバラ(薔薇)の中に赤いバラ(薔薇)を添えた場合は、「どんなにあなたが不実でも・・・」という意味。

また、色の組み合わせではなく、2本の花と1本の蕾の場合は「あのことは当分秘密」、3本の蕾のバラ(薔薇)と1本の花の場合は「あのことは永遠に秘密」などという言葉になります。

色々調べてみると、とてもおもしろいですね。
花言葉を詳しく知っている人は少ないですが、プレゼントとして贈る時に、このような花言葉を添えて贈ってととてもお洒落になりますね。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)の花言葉(2)…色・葉・枝・棘・状態によって様々

女性に贈る花として、定番のお花に「バラ(薔薇)」がありますよね。 バラ(薔薇)の花言葉は愛や恋、また色によっても違いがあり、白いバラ(薔薇)には純潔や尊敬、赤いバラ(薔薇)は情熱的などという花言葉が・・・