バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

バラ(薔薇)を長持ちさせる方法(2)…ポイントは水替え


女性にバラ(薔薇)をプレゼントすると、喜ばれること間違いなしと言われていますが、お家での管理はなかなか難しいものです。

最初に花瓶に入れる時は、茎の先端をスパッと水中で切ってやる「水切り」をしましょう。これは茎の吸水力をアップするためです。

また、花瓶の中に砂糖を加えたり中性洗剤を数滴たらすと、水の腐敗を防ぐことができ、バラ(薔薇)の花をを長持ちさせることができます。

花瓶の置き場所は、風や直射日光が直接あたない、寒暖の差の少ない場所がベストです。
以上のように最初の作業が花を長持ちさせる為にはポイントとなりますが、毎日のお手入れもとても大切ですよ。

花瓶のお水は、お花が長持ちするので、毎日替えましょう。
水を替える時、花瓶の中のぬめりはきちんと綺麗に取っておきましょう。

また、茎を触ってみてヌルッと感じたらら、水道水でぬめりの部分を洗ってやります。
指の腹でこするように、優しく洗ってください。
茎の先端が茶色に変色しているのを発見したら、その部分を切り落としておきます。
そのままにしておくと、バクテリアが茎の中に入り、導管がつまって吸水力が低下してしまいます。

お花にいいとは分かっていても、毎日の水替えは少し大変と思う人もいますよね。
忙しい時は、2日に1回くらいでも大丈夫です。
冬場など、寒い日が続くときは3、4日空いていても大丈夫ですよ。
暑い夏場は特に気をつけたいですね。お花が痛みやすく、お水も腐りやすいので夏場は毎日水替えすることをおすすめします。

また、バラ(薔薇)だけではなく、カスミソウなどの茎が柔らかい植物と一緒に入れている場合は、水の腐敗が早くなります。季節を問わず、毎日水替えすることがおすすめです。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)を長持ちさせる方法(1)…ポイントは水切り

女性に贈りたいお花として、思い浮かぶのはバラ(薔薇)ですよね。 ですがバラ(薔薇)って、きれいな花束を購入してもすぐにしおれてしまう、まだ開ききっていないのに終わってしまった・・・という人が多いもの・・・

バラ(薔薇)を元気にさせる方法は新聞紙を使う…

“バラ(薔薇)”は1本でも存在感があり、プレゼントしては最適なお花として親しまれています。でも「枯れやすい」と思っている人も多いのではないでしょうか。 確かに“”バラ(薔薇)”は、水の吸水力が悪く、・・・