バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

バラ(薔薇)を長持ちさせる方法(1)…ポイントは水切り


女性に贈りたいお花として、思い浮かぶのはバラ(薔薇)ですよね。
ですがバラ(薔薇)って、きれいな花束を購入してもすぐにしおれてしまう、まだ開ききっていないのに終わってしまった・・・という人が多いものです。
バラ(薔薇)を長持ちさせるのは難しい、というイメージですが、せっかくプレゼントするからには、できるだけ長く楽しんでほしいですよね。
バラ(薔薇)を長持ちさせる方法を勉強してみましょう。

バラ(薔薇)だけに限らず、植物は根から水を吸って、葉の気孔と呼ばれている部分から水分を蒸散させています。枯れてしまう、という状態は、吸水の状態よりも蒸散の方が長く続いてしまい、植物の中の水分が不足してしまっている状態ということですね。

このような状態を作ってしまう原因は何でしょう。
・温度や湿度が高く、葉からの蒸散が大きくなり過ぎてしまう。
・根からの吸水力が少なくなってしまっている。
以上の2点が考えられます。

まず、温度や湿度などの環境問題はすぐに解決できますよね。
バラ(薔薇)を飾る場所は、直射日光があたらず、風通しの良い所にしておきましょう。

根の吸水力の低下は、茎の中にある水を吸い上げる管「導管」が、様々な理由でつまってしまうことによるものです。

導管を良い状態で保つには、最初に花瓶に生ける時にポイントがあります。
まず、バケツの中などに水をはり、その中に茎の先をつけます。
水中で、茎の先を1cm程度ハサミで斜めにカットします。その後、2秒程度水中に入れておきます。
これを「水切り」といいますが、この作業を行うことにより、茎の吸水力がアップするのです。
花瓶の中に入れる時は、下の方の葉は切りおとしておきましょう。
水の中の葉が腐ると、水を汚してお花が弱ってしまう原因になってしまいます。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)を長持ちさせる方法(2)…ポイントは水替え

女性にバラ(薔薇)をプレゼントすると、喜ばれること間違いなしと言われていますが、お家での管理はなかなか難しいものです。 最初に花瓶に入れる時は、茎の先端をスパッと水中で切ってやる「水切り」をしま・・・

バラ(薔薇)を元気にさせる方法は新聞紙を使う…

“バラ(薔薇)”は1本でも存在感があり、プレゼントしては最適なお花として親しまれています。でも「枯れやすい」と思っている人も多いのではないでしょうか。 確かに“”バラ(薔薇)”は、水の吸水力が悪く、・・・