バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

バラ(薔薇)を元気にさせる方法は新聞紙を使う…


“バラ(薔薇)”は1本でも存在感があり、プレゼントしては最適なお花として親しまれています。でも「枯れやすい」と思っている人も多いのではないでしょうか。
確かに“”バラ(薔薇)”は、水の吸水力が悪く、他の花と比べて早くしおれてしまう場合があります。が、しおれてしまれてもすぐに諦めないでくださいね!
一度ぐったりしても、元通りの姿に戻す方法があります。

用意するものは“新聞紙”です。
新聞を2つに折つって、その上に花を乗せます。
この時、新聞の左上の隅に“花の部分”がくるように“斜め”に置きます。
次に花の形を整えます。ぐったりしている部分は、上向きに置き直しましょう。
これは花が下向きのままだと、そのままで固定されてしまうので、よく注意しましょう。

花の形が整ったら、新聞紙を左上のほうからから“花”をくるくる巻いていきます。
お花を上向きに保ちながら巻くのが難しい場合は、ご自分が立って、お花を下向きに持ちながら巻いていきましょう。

この時、注意することは“茎”が全部隠れてしまわないように、茎の下10cm程度は新聞から出ていると良いです。新聞紙が大きい場合は新聞を折るなどして調節してくださいね。
巻き終わったら、次にテープでとめます。
お花がグラグラしていないかどうか、確かめてみましょう。
きつく巻きすぎてもお花を傷めてしまいます。が、グラグラしてお花が下を向いてしまうようだと効果がありません。調節がちょっと難しいですが、程よく巻いてみましょう。

後は、茎を切ります。
水の中で切る必要はありませんよ。
茎の下1cm程度、もしくはひどい場合は思い切って10cm程度切ってしまいましょう。

切ったら、また水につけておきます。
これで完了です。1、2時間程度、そのままに水につけておき、その後で新聞を取ってみます。
まだ花がグラッとするようだったら、もう1度花を巻き直し、さらに1時間程待ちましょう。

この方法で、ほとんどの場合が元の元気なバラ(薔薇)の花に姿に戻ります。
元気になったバラ(薔薇)は、可憐にさらに愛らしく感じてしまうことと思いますよ。
是非、試してみてはいかがでしょう。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)を長持ちさせる方法(2)…ポイントは水替え

女性にバラ(薔薇)をプレゼントすると、喜ばれること間違いなしと言われていますが、お家での管理はなかなか難しいものです。 最初に花瓶に入れる時は、茎の先端をスパッと水中で切ってやる「水切り」をしま・・・

バラ(薔薇)を長持ちさせる方法(1)…ポイントは水切り

女性に贈りたいお花として、思い浮かぶのはバラ(薔薇)ですよね。 ですがバラ(薔薇)って、きれいな花束を購入してもすぐにしおれてしまう、まだ開ききっていないのに終わってしまった・・・という人が多いもの・・・