バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る
「バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)など」トップ >  ブリザーブドフラワー… > ブリザーブドフラワー(2)…美しさの長持ちは上手に保存

ブリザーブドフラワー(2)…美しさの長持ちは上手に保存


最近お花屋さんなどで良く見かけるようになった「ブリザーブドフラワー」。
ブリザーブドフラワーは、特殊な保存技術により、生花のように美しい姿を長い間楽しむことができると言われている花ですが、実際にはどのような特徴があるのでしょう。

見た目はほとんど生花と変わることはありません。
保存料を利用して染色しているので、自然界では珍しい、例えば青いバラ(薔薇)なども作ることができますよ。

メーカーから輸入されてくるプリザーブドフラワーは、花首だけで茎がない状態です。
その状態でワイヤリングを施して茎を作っているので、ブーケやアレンジは、どうしても花丈の短い可愛らしいデザインになります。
ですが、容器やデザインにこだわって作られているものが多く、とても存在感のあるものに仕上がっています。

保存の仕方ですが、ブリザーブドフラワーは永遠に楽しむことができる、なんて言われていますが、やはり劣化は防ぐことはできません。上手に保管していても、最も美しい状態は2年程度と考えておきましょう。

ブリザーブドフラワーは、高温多湿を嫌います。
このような場所で保管していると、花が湿度を吸って、花びらが透明になってしまう場合があります。そのまま放置しておくと、カビになったり、色あせの原因になったりしてしまいます。
保管場所は、多湿で直射日光が当たる場所は避けましょう。
花びらが透明になってしまった後でも、すぐに場所を変えればある程度は元に戻すことができますよ。

購入する時は、ケースに入っている場合が多いかと思いますが、やはりケースに入れたままの状態で楽しみましょう。埃よけにもなりますし、お花がより長持ちします。

ブリザーブドフラワーは、固まっている、と思っている人が多いかと思いますが、触れてみると、生花には劣りますが、実はしっとりしていてソフトな感触なのです。
ですが、ブリザーブドフラワーはとてもデリケートです。花びらが傷ついたり、かけてしまったりといったダメージを受けやすいので、なるべく触れないようにしましょうね。
どうしても触れたい時は、傷つけないように慎重に触れてみてくださいね。



関連コンテンツ

ブリザーブドフラワー(1)…いつまでも綺麗な花をプレゼント

見ているだけで優しい気持ちになるお花…プレゼントとしても最適なものですね。お花は生き物です。 購入後はきちんとしたお世話が必要です。心を込めてお世話をしてもいつかは枯れてしまうものです。 お花・・・