バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る
「バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)など」トップ >  ブリザーブドフラワー… > ブリザーブドフラワー(1)…いつまでも綺麗な花をプレゼント

ブリザーブドフラワー(1)…いつまでも綺麗な花をプレゼント


見ているだけで優しい気持ちになるお花…プレゼントとしても最適なものですね。お花は生き物です。
購入後はきちんとしたお世話が必要です。心を込めてお世話をしてもいつかは枯れてしまうものです。

お花のお世話が面倒、いつまでも綺麗な花を楽しみたい、という人は、「ブリザーブドフラワー」はいかがでしょうか。

最近よく耳にするプリザーブドフラワーとは、お花の形や柔らかさ、色合いを長年にわたって楽しむことができることができ、最新の保存加工技術によって生まれたものものです。

1991年、フランスのVermont社により開発されました。
お花の水分を抜いて、人体に無害な保存料を吸収させた「プリザベーション加工」によって、本物のようなお花を維持できるようにさせました。

欧米では、数年前から話題になり、親しまれていますが、最近では日本のお店でも良く見かけるようになりました。

良く出回っているものは“バラ(薔薇)”です。最近では色々なお花や小花を組み合わせたものが登場してきました。
本物のお花を使っているので造花とも感触は違いますし、生花のように毎日お水をあげてお世話する必要はありません。

また、人工のものですが、お肌の弱い人にも、保存料が体に無害なので安心です。
実際にはないような色合いのお花を作ることができるのも、大きな特徴です。
自然界では珍しい“青いバラ(薔薇)”なども楽しむことができます。

値段は本物のお花より、少し割高になります。が、長く楽しむことができることを考えると、お得になります。結構割安になった気分です。
プレゼントとして贈っても記念に残り、よろこばれています。
是非素敵なか「ブリザーブドフラワー」を見つけて、クリスマスやお誕生日に、大切な人に贈っるととても喜ばれます。



関連コンテンツ

ブリザーブドフラワー(2)…美しさの長持ちは上手に保存

最近お花屋さんなどで良く見かけるようになった「ブリザーブドフラワー」。 ブリザーブドフラワーは、特殊な保存技術により、生花のように美しい姿を長い間楽しむことができると言われている花ですが、実際にはど・・・