バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る
「バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)など」トップ >  バラ(薔薇)の選び方… > 良いバラ(薔薇)の選び方(2)…茎と蕾が鮮度のポイント

良いバラ(薔薇)の選び方(2)…茎と蕾が鮮度のポイント


女性に贈ると喜ばれるバラ(薔薇)・・・せっかく贈るのであれば、良いバラ(薔薇)を選びたいですよね。
良いバラ(薔薇)とは、どんなバラ(薔薇)でしょう。
それは鮮度が良く、健康なバラ(薔薇)ですよね。
葉や花びらを見てもそのバラ(薔薇)の鮮度がよく分かりますが、茎が大きなポイントになります。水桶につかっている部分が傷んだり、ぬるぬるしていたりしているようだったら、鮮度が悪い可能性が高いです。

もう1つ、バラ(薔薇)の花の鮮度のきめては、蕾が大きなポイントとなります。
購入後、長く花を楽しむためには、花が咲いているものよりも蕾がたくさんついている状態のものを購入した方が良いです。また蕾が硬いものほど、鮮度が良いものといえます。
ですが花屋さんで蕾をつまんで確認することは、ちょっと難しいかと思いますので、参考までに、覚えておいてくださいね。
蕾の花びらの巻きが少ないものも、鮮度が悪い可能性がありますよ。
こちらは見た目だけでも分かりやすいですよね。

全体的な姿もチェックしてみましょう。
やはり、生き生きとしている花はヒョロヒョロではなく、しっかりと立っているものがおすすめです。
花から葉までの距離もチェックしてみましょう。
より短いものの方が、鮮度が良くて元気なバラ(薔薇)といえますよ。

値段の面からも分かるかもしれませんね。
やはり、鮮度が良く、葉や花の色が美しいバラ(薔薇)は他のバラ(薔薇)よりも値段が高い場合があります。
大切な人に贈るバラ(薔薇)なら、少々高くても、長く楽しんでもらえ、鮮度が良いバラ(薔薇)を選びましょう。

お店でバラ(薔薇)をチェックする時のマナーとして、一緒に入れてある他のバラ(薔薇)を傷めない様に、必ずお店の人にとってもらうようにしましょうね。



関連コンテンツ

良いバラ(薔薇)の選び方(1)…切花は鮮度が第一

バラ(薔薇)は香りも良く、豪華ですが、女性にプレゼントする花としては最適ですよね。 お花屋さんでバラ(薔薇)を買う時、心がけていることはありますか? 大切なプレゼントとしてのバラ(薔薇)ですか・・・

バラ(薔薇)の選び方…花屋さんの「おすすめ品」

お花屋さんに出かけると、店頭によく「今日のおすすめ」などとかかれて、束になって売られている花を見かけることがありますよね。 買おうと思っていたプレゼント用のバラ(薔薇)の花が、10本1000円程度で・・・