バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

良いバラ(薔薇)の選び方(1)…切花は鮮度が第一


バラ(薔薇)は香りも良く、豪華ですが、女性にプレゼントする花としては最適ですよね。
お花屋さんでバラ(薔薇)を買う時、心がけていることはありますか?

大切なプレゼントとしてのバラ(薔薇)ですから、鮮度が良く、元気で、お家で長く楽しんでもらえるバラ(薔薇)がいいですよね。バラ(薔薇)だけに限らず、切花は鮮度が一番大切です。
お花屋さんで沢山売られているバラ(薔薇)の中から、良いバラ(薔薇)を“自分の目”で確かめてを選ぶようにしましょう。

,泙困浪屬咾蕕鬟船Д奪してみましょう。
売られているお花を色々触ってみるのはなかなかできませんね。
目で見るだけでも確認できます。花びらの先まで色がついていて、肉厚なものが良いお花ですよ。花びらが薄く、透けているものは鮮度が良いとはいえません。

⊆,詫佞鬟船Д奪して見てみましょう。
ツヤ感はどうですか?破れていたり、黄色くなっていたりするものはしっかり管理されていない可能性がありますので、すぐに枯れてしまうことが多いです。ですからなるだけ避けるようにしましょう。

3曚皀櫂ぅ鵐箸砲覆蠅泙垢茵
額の先までピンとしていて、張りがあり、変色していないものがおすすめです。

ず蕕具合も大切ですね。
お家で長く楽しんでもらうためには蕾のものが多いほうが良いです。
ですが、全てのお花が蕾の方が良い、というのではないので注意して選びましょう。

“カーネーションやガーベラ”は、切花にすると自分で咲く力がないので、咲いている花が良いです。
また、“チューリップ”は温かくて明るい場所だと咲き、暗くなると閉じてしまう性質があります。
バラ(薔薇)と一緒にこのようなお花を買う時は、この点を気をつけるようにしましょうね。



関連コンテンツ

良いバラ(薔薇)の選び方(2)…茎と蕾が鮮度のポイント

女性に贈ると喜ばれるバラ(薔薇)・・・せっかく贈るのであれば、良いバラ(薔薇)を選びたいですよね。 良いバラ(薔薇)とは、どんなバラ(薔薇)でしょう。 それは鮮度が良く、健康なバラ(薔薇)ですよね・・・

バラ(薔薇)の選び方…花屋さんの「おすすめ品」

お花屋さんに出かけると、店頭によく「今日のおすすめ」などとかかれて、束になって売られている花を見かけることがありますよね。 買おうと思っていたプレゼント用のバラ(薔薇)の花が、10本1000円程度で・・・