バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

青いバラ(薔薇)はサントリーが開発・販売…


バラ(薔薇)には色々な種類があります。バラ(薔薇)といえば一般的には赤やピンク、黄色や白などですよね。
ところが2004年、お酒で有名なサントリーが、新たに、世界初の「青いバラ(薔薇)」を作ることに成功し、2009年には販売を開始すると発表したのです。

色素は植物の花の色を決めていますが、様々な種類があります。そのうちで、重要なものに青色の色素で「デルフィニジン」というものがあります。
このデルフィニジンがバラ(薔薇)には含まれていません。また、既に開発されている、紫色のような青っぽいバラ(薔薇)がありますが、このばらにも、このデルフィニジンの色素は発見されませんでした。
このようなことから、青いバラ(薔薇)は、決して作ることのできない幻のバラ(薔薇)として、これまで語り続けられてきたのです。

サントリーは、1990年から、この決してできないといわれてきた青いバラ(薔薇)について、オーストラリアのフロリジン社と共同して研究に着手しました。
この研究の過程で、青いカーネーションの開発にデルフィニジン(ペチュニアなどに含まれる)を使って成功しました。
その後、バイオテクノロジーを用いた開発が進み、このバイオテクノロジーでバラ(薔薇)にパンジーのデルフィニジンを作る遺伝子を組み込んで機能させました。こうして、新しくデルフィニジンを持っている青いバラ(薔薇)を作り出すことに成功したのです。

数多くの研究者によって、長い年月をかけて生み出された青いバラ(薔薇)。
これまでになかったこの珍しい青いバラ(薔薇)は、特別な人へのプレゼントとして喜ばれること間違いなしですよね。
もちろんお店や自宅、オフィスなどを飾ってみても、とても素敵です。
青いバラ(薔薇)が発売されたなら、一度、是非その美しさを楽しんでみてはいかかですか。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)の風水では赤は恋愛運がアップ…

最近良く耳にする「風水」では“花”を生活の中に取り入れることはとても大切なことだとされています。 どんな花でも、人の運気を上げる“パワー”があったり、“難”を隠してくれたりするそうです。花の中でも特・・・