バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

バラ(薔薇)の香りは魅力的で種類もいろいろ…


バラ(薔薇)は、女性へのプレゼントとしては最適なお花ですよね。
その美しく優雅な姿が、魅力的ですが、バラ(薔薇)の素敵な香りもまた魅力のひとつですね。
バラ(薔薇)にはたくさんの種類があります。全てのバラ(薔薇)に良い香りがあるわけではなく、香りの強さや種類も異なりその種類によってさまざまです。

ブルガリア産の「ダマスクローズ」というバラ(薔薇)はバラ(薔薇)の香水やお化粧品などに良く使われているバラ(薔薇)です。
甘く強い香りが特徴で、やさしいピンク色をしているお花です。
何万種とあるバラ(薔薇)の中で、香料として使われているのは2種類だけです。、そのうちのひとつが「ダマススクローズ」なのです。
シャネルやゲラン、ティファニーなどの高級な香水にも、“ダマスクローズ”が使われていますよ。

バラ(薔薇)のなかには、上質な紅茶の香りを楽しめるものもありますよ。
「モダンローズ」と呼ばれているバラ(薔薇)には、殆どこのような香りがあり“ガーデンパーティ”“レディヒリンドン”“ディオラマ”などのバラ(薔薇)があります。

その他にすみれの香りがする“モッコウバラ(薔薇)”すずらんの香りの“ロサ・ニティダ”など、他の花の香りと似た香りをもつバラ(薔薇)もありますよ。

また、花の部分だけでなく、葉が香るバラ(薔薇)もあり、“スイートブライアー”と呼ばれているバラ(薔薇)で、甘い香りのする青りんごのような香りがします。
“アップルローズ”の葉もりんごのような香りを持っています。

良い香りが嫌いな人っていませんよね。
特に女性は、素敵な香りが大好きです。
プレゼントするバラ(薔薇)選びに迷ったら、素敵な香りを選んでみてはどうでしょう。
「良い香りだったから・・・」なんてバラ(薔薇)をプレゼントしたら、ちょっとお洒落ですよ。是非、“香り”も選択肢の1つに考えてみてくださいね。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)の効能は香りや成分で癒しとリフレッシュ…

バラ(薔薇)は1本あるだけで“存在感”があり、とても豪華で美しい花ですよね。 見た目だけでなく、その香りも魅力の1つです。バラ(薔薇)は食用としても楽しむことができると知っていましたか? 気に・・・

バラ(薔薇)ジャムの作り方…新鮮な香りを楽しむ

バラ(薔薇)は鑑賞用だけでなく、食べても体に良く、色々な効果があると言われています。 しかし、そのまま食べようとしても、一度にたくさんの量を食べることは難しいですよね。バラ(薔薇)をジャムにして・・・