バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

バラ(薔薇)の効能は香りや成分で癒しとリフレッシュ…


バラ(薔薇)は1本あるだけで“存在感”があり、とても豪華で美しい花ですよね。
見た目だけでなく、その香りも魅力の1つです。バラ(薔薇)は食用としても楽しむことができると知っていましたか?

気になるバラ(薔薇)の栄養成分ですが、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどが代表的なものとしてあげられています。
バラ(薔薇)にはお肌を活性化させる効果や、卵胞ホルモンの分泌を促す効果あるいは新陳代謝を良くして冷え性を防止する効果など、女性に嬉しい効果がたくさんありますよ。

その他に、体の免疫力を高めてアレルギー症状を改善させる効果や更年期障害を軽減させる効果などもあります。
健康面からも、様々な効果が期待できるのですね。

また、「バラ(薔薇)を食べるということ」は、同時にバラ(薔薇)の香りも楽しむことができるということですよね。
バラ(薔薇)の香りにも、さまざまな効能がありますよ。
その良い香りを嗅ぐことにより、リラックス効果が期待できます。
そして、バラ(薔薇)の香りは脳を活性化させて、美肌効果にも一役かっています。

さらに女性ホルモンの1つである“”エストロゲンの分泌を促す作用があるため、、異性を引き付ける作用や更年期障害の軽減があるとも言われていますよ。

その他にも加齢臭や口臭また、消化器官の活性化も抑えることができます。
バラ(薔薇)を食べることに抵抗がある人は、アロマやオイルなどで、香りだけでも楽しんでみてはいかがでしょう。

プレゼントとして最適なお花ですが、たまには、是非日頃頑張っている自分へのご褒美に、バラ(薔薇)を買ってみるのも素敵ですよ。
きっと心も体も、癒され、リフレッシュすること間違いなしですよ。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)の香りは魅力的で種類もいろいろ…

バラ(薔薇)は、女性へのプレゼントとしては最適なお花ですよね。 その美しく優雅な姿が、魅力的ですが、バラ(薔薇)の素敵な香りもまた魅力のひとつですね。 バラ(薔薇)にはたくさんの種類があります。全・・・

バラ(薔薇)ジャムの作り方…新鮮な香りを楽しむ

バラ(薔薇)は鑑賞用だけでなく、食べても体に良く、色々な効果があると言われています。 しかし、そのまま食べようとしても、一度にたくさんの量を食べることは難しいですよね。バラ(薔薇)をジャムにして・・・