バラ(薔薇)専科…挿し木・育て方から青いバラ(薔薇)などのTOPに戻る

バラ(薔薇)のプレゼントは時と場合に応じて選ぶ…


お花のプレゼントといえば、一番にバラ(薔薇)を思い浮かべる人が多いですよね。
お花屋さんでバラ(薔薇)を選ぶ時、形や色や大きさ、などが様々で、どれを選んだらよいか迷ってしまうと思います。

大切なことは、相手や自分の好みに合わせたものを選ぶのも大事ですが、時と場合に応じたものを選ぶことです。

病気やケガをしている時に綺麗なバラ(薔薇)をプレゼントされれば、それだけで心が癒されることでしょう。
お見舞いの品としてバラ(薔薇)をプレゼントする時は、“明るい色”“元気が出そうな黄色やオレンジ色など”を選びましょう。
ミニバラ(薔薇)などの鉢植えも可愛いですが、鉢植えは昔からお見舞いにはむかないものと言われています。根があることから、「寝付く」ことを連想されて忌み嫌われるのでしょうね。プレゼントする時は花束やアレンジメントを贈るようにしましょう。
また、「4本」「9本」など、不吉な数字の本数にすることも避けておいた方が良いですよ。

産祝いとしてのプレゼントには、“濃い”よりも、“淡い、やさしい色”が良いでしょう。
お母さんは赤ちゃんのお世話で忙しいので、お水の入れ替えなど必要のない、アレンジメントや鉢植えが喜ばれるかもしれませんね。

新築祝いとして贈る時は、家具やお家の雰囲気に合わない場合がありますので、強い色は避けるようにしましょう。
どの場所にでも合いそうな、白やピンクのバラ(薔薇)が最適ですね。花束をプレゼントする時は、素敵な花瓶も一緒にプレゼントするとすぐに飾ることができて喜ばれます。

お友達の女性の結婚祝いとして贈る時は、“青色系”のバラ(薔薇)がおすすめです。
「サムシングブルー」の言葉にあるように、お友達の幸せを願って、心をこめてプレゼントするとお洒落ですよ。



関連コンテンツ

バラ(薔薇)のプレゼントは用途や状況などで使いわけ…

女性にお花をプレゼントしようと思った時、多くの人が思いうかべる花が「バラ(薔薇)」ではないでしょうか。 ですが、バラ(薔薇)をプレゼントするといっても、プレゼントの形式には色々なものがあります。 ・・・

バラ(薔薇)をさりげなくプレゼントできる素敵な大人…

バラ(薔薇)のプレゼントって素敵ですが、男性はちょっと照れくさいと思う人も多いのではないでしょうか。 ですが、さりげなくバラ(薔薇)のプレゼントができる男性こそ、素敵な大人の男性だといえると思います・・・

バラ(薔薇)のプレゼントは鉢植えが素敵…

バラ(薔薇)をプレゼントしよう、と思った時、多くの人が花束を想像しますよね。 バラ(薔薇)の花束は確かに豪華で素敵ですが、バラ(薔薇)を使ったアレンジメントでも可愛らしいですし、バラ(薔薇)の鉢植え・・・

バラ(薔薇)を使ったプレゼント・あれこれ…

大切な人のお誕生日や、記念日、お祝いなどにバラ(薔薇)の花束をプレゼントしたら、いかがでしょうか。とっても素敵ですよね。≪花束やアレンジメントは何だか照れくい・・・と思う人も多いのかもしれませんが…≫・・・